PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

八ヶ岳友の会通信

八ヶ岳友の会だよりと活動をご紹介しています。
落ち葉掻きのボランティア募集
秋の紅葉が終わると園内の至る所で落葉が始まります。

現在シラカバ・トチノキ・ホオノキ・サクラ・ハルニレ等は全て落葉し
コナラ・ミズナラ・ハンノキ・モミジの落葉が
先日の冷え込みにより一気に始まりました。
その落ち葉を集める(回収)ボランティアを募集いたします。

内容は園内の落ち葉を熊手等で集め袋に回収していく作業です。
畑や家庭菜園の腐葉土として、集めた落ち葉が必要な方は
お持ち帰りいただけます。

期  間 〜11月中旬までの晴天時 落ち葉が少なくなるまで

時  間 営業日の開園時間内、ご都合がつく時間(自由開始・自由解散)
     受付名簿にご記入の上、
     サポート会員更新・新規の方は申込用紙にご記入ください。

受付場所
 自然文化園屋外管理棟 (熊手・てみ・袋を準備しております。)
持ち物 手袋、お持ちの方は「熊手・てみ」持ち帰る方でお持ちの方は「袋」

参加のご予約は必要ありません。

※回収し落ち葉をお持ち帰りいただく方へ
園の袋を貸出しもしますが、袋がある方はご持参下さい。
また、落ち葉を回収せずのお持帰りは本年度からはご遠慮ください。

 
| ボランティア | 09:21 | - | trackbacks(0) | - |
落ち葉掃きボランティア募集
秋の紅葉が終わると園内の至る所で落葉が始まります。
その落葉を集める(回収)ボランティアを募集いたします。
落ち葉掃き
内容は園内の落葉を熊手等で集め袋に回収していく作業です。
畑や家庭菜園の腐葉土として、集めた落ち葉が必要な方は
お持ち帰りいただけます。

期  間 10月17日(木)〜11月中旬位の晴天時
落ち葉が少なくなるまで

時  間 開園時間内のご都合がつく時間(自由開始・自由解散)
受付場所 自然文化園屋外管理棟 (熊手・てみ・袋を準備しております。)
持ち物 手袋、ある方は「熊手・てみ」

※お持ち帰りいただく方へ
園の袋を貸出しもしますが、袋がある方はご持参下さい。

ご予約は必要ありません。
| ボランティア | 13:22 | - | trackbacks(0) | - |
ボランティア作業有難うございました
ボランティア活動
4月13日・17日はボランティア作業にご参加いただきまして有難うございました。
予想を超える大勢の参加者のおかげで予定の作業が終えることが出来ました。
スイセンの球根も抜けない場所以外はほぼ抜根することができ
エンビセンノウの植栽は、石や他の草の根があり植えづらかったにもかかわらず
全部で2120株植栽することが出来ました。

どのくらい根付くか楽しみではありますが
開花は早いもので8月の上旬から咲くと思われますので
ぜひご来園ください。
ボランティア活動
| ボランティア | 15:09 | - | trackbacks(0) | - |
ボランティア募集のお知らせ
やっと陽気も春らしくなり、八ヶ岳自然文化園内も少しずつ芽吹き始めました。
前年度に続きスイセンの球根抜きとエンビセンノウの植栽作業を行います。

湿生花園から園芸種のスイセンを抜根し別の場所へ移植をします。
また、絶滅危惧種のエンビセンノウを植栽します。
参加いただける方は下記日時で開催しますので
どちらかの日程で参加いただける日時にご協力お願いいたします。

集合場所 八ヶ岳自然文化園 屋外管理棟

4月13日(土)10時〜お昼くらいまで
4月17日(水)10時〜お昼くらいまで
途中参加可
(終了時間は作業進行状況により早く終わる場合もあります)

特典:掘り起こしたスイセンの球根は持ち帰っていただいても結構です。
   エンビセンノウの種子差し上げます。(繁殖にご協力ください)

持参いただく物
作業手袋・移植ごて・シャベル・スコップのいずれか
(球根を掘るための道具とエンビセンノウの苗を植える為の道具)
球根をお持ち帰りいただく方は袋

※他の地を荒らさないように作業をしたいと思います。

お問い合わせ
八ヶ岳自然文化園 0266-74-2681
| ボランティア | 16:16 | - | trackbacks(0) | - |
ボランティア活動のご報告
落ち葉集め後の園内
10月17日〜11月30日までの期間
八ヶ岳自然文化園内で行った落ち葉掃きのボランティア。
多くの方にご参加頂きました。ありがとうございました。
芝生の上の落ち葉の除去は美しい芝生を保つためには大切な作業です。
園内がおかげさまできれいになりました。みなさまお疲れさまでした!
| ボランティア | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
落葉集めのボランティア募集
落ち葉集めボランティア
秋の紅葉が終わると園内の至る所で落葉が始まります。
その落葉を集める(回収)ボランティアを募集いたしま。
内容は園内の落葉を熊手等で集め袋に回収していく作業となります。
集めた落ち葉が必要な方はお持ち帰りいただいても結構です。
家庭菜園の腐葉土に、また環境にもよりますが、
何年か寝かせるとカブトムシの産卵床になるかもしれません。

期  間 10月17日(水)〜11月中旬位の晴天時
     ご都合のつく日、何日でもどうぞ

時  間 開園時間内のご都合がつく時間(自由開始・自由解散)

受付場所 屋外管理棟 (熊手・てみ・袋を準備しております。)

持ち物 手袋
    園で用意もしますが、ある方は「熊手・てみ」

※お持ち帰りいただく方へは園の袋を貸出ししますが、
 袋がある方は持参いただいても結構です。
| ボランティア | 16:27 | - | trackbacks(0) | - |
ボランティア募集のお知らせ
友の会ボランティアデー
八ヶ岳自然文化園にて、植込・花壇内の草取り作業を行います。
(エノコログサ・アカツメグサ・イネ科雑草等)

9月8日(土)9時30分〜ご都合のつく時間まで
(作業終了次第又は正午までの予定)
※作業時間内でしたらいつでも参加できます

持ち物 手袋・ある方は草刈鎌
    (鎌を使用する方はケガをしないよう十分注意して作業をお願いします)

〜10月以降のボランティア作業の予定〜
「落葉集め」「ニッコウキスゲの株分け」を予定しております。
落葉集めはお好きな日時で参加できるボランティア作業となっています。
自家菜園等の腐葉土として、集めた落ち葉を持ち帰っていただいても結構です。
落葉集めは10月から落葉の状況により受付開始します。
ニッコウキスゲの株分けは10月下旬〜11月上旬を予定しております。
日時決定次第お知らせいたします。
エンノコグサ
エノコログサ↑

つつじの下の草刈
↑つつじ下の草刈↓
つつじの下の草刈
| ボランティア | 10:54 | - | trackbacks(0) | - |
友の会ボランティア活動のご報告

4月15日、19日と2日間、急な募集にもかかわらず大勢の方にご協力頂きました。

植栽1

植栽2

今回の活動内容は、八ヶ岳自然文化園内にある湿生花園へ
エンビセンノウの植栽とスイセンの球根抜きの作業を行いました。
なぜこの花を植栽するのか、なぜスイセンの球根を抜くのか、この辺はどんな山野草が咲くのか等
雑談しながら作業を進め、また、少し手を休めザゼンソウの観賞や、これから咲く山野草の芽を観察しながら目的の作業が皆さんのおかげで無事達成できました。

スイセン球根

ほぼ抜いたように思ったのですが少しだけ取り残しがありましたので
来年の春に行いたいと思います。
またご協力よろしくお願いいたします。

抜いたスイセンの球根は、まるやち湖の土手に移植が終了し咲き始めております。
エンビセンノウは早ければ8月上旬より開花すると
思いますので、ぜひ成長の様子などの観察にご来園ください。

本当に有難うございました。

植栽3
職員による水仙移植の様子↑

| ボランティア | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
友の会ボランティア活動のご報告

4月1日、八ヶ岳美術館にて展示替えの作業をお手伝い頂きました。
お手伝い頂いたのは、当時展示されていた作品の撤収と新たな展示絵画の搬入作業です。
作家さんが実際に創作作業に取り組んでいるアトリエへお邪魔し梱包の作業からお手伝い頂きました。

皆様の精力的な働きによって前代未聞約100点もの膨大な作品数の展示が実現しました。
お手伝いありがとうございました!
是非完成した展示を見におでかけください。

渡辺隆次 生命曼荼羅
 ●開催中〜6月3日まで

関連イベントもお楽しみに↓↓↓

作家によるギャラリートーク
 ●4月29日 14:00〜
 八ヶ岳山麓での暮らしと自身の世界観について、自作解説を交えてお話頂きます。

きのこ×アート「胞子紋で絵を描こう」
 ●5月5日、5月6日
 きのこの傘から落ちてくる胞子が作り出す不思議な「胞子紋」で絵画作品を作ります。
 両日ともに参加できる方が対象、要予約

| ボランティア | 16:55 | - | trackbacks(0) | - |
友の会ボランティア活動のご報告

1月30日、八ヶ岳美術館にて展示替えの作業をお手伝い頂きました。
お手伝い頂いたのは、当時展示されていた作品の撤収と新たな絵画の搬入作業。
なかなか体育系のお仕事なので、展覧会を鑑賞して楽しんで頂いている方々は興味がないかも…と心配していたのですが、定員以上のお申し出を頂きました。
おかげさまで展示替え作業はスムースに完了…となる予定でしたが、、、想像していたより作業にボリュームがあり、時間いっぱいいっぱいの作業になってしまいました。

それでも最後は作家さんと皆さんでお話が盛り上がり…少しは作業を楽しんで頂けたでしょうか。
展示替えボランティア

展示替えボランティア

お手伝いありがとうございました!
皆さまのおかげで無事スタートした展覧会は3月31日までご覧頂けます。

杣雅司展‐清澄な光‐
 ●開催中〜3月31日まで

関連イベントもお楽しみに↓↓↓

‐時をこえて‐チェロ演奏とギャラリートーク
 ●3月10日 14:00〜
 音楽と深い関わりをもつ杣雅司さんの絵画作品とチェロ演奏のコラボレーション。
 作家のギャラリートーク有り。 
 チェロ演奏:山本護

| ボランティア | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS