PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
次回企画展のお知らせ(八ヶ岳美術館)
宇梶静江展 古布絵で描くアイヌの叙事詩
平成25年11月14日(木)―平成26年1月26日(日)
宇梶静江展
アイヌに生まれ、アイヌ解放運動に半生をささげてきた宇梶静江さんは、60歳を過ぎてからアイヌ刺繍を学び直し「古布絵」という独自の表現を編みだしました。初めて制作した古布絵はアイヌの守り神である「シマフクロウ」―。以来、アイヌの豊かな文化を伝えたいと、一針一針に願いを込めて制作を続けています。
本展では、絵本の原画となった「シマフクロウとサケ」「トーキナ・ト」「セミ神さまのお告げ」の3作品を中心に、宇梶さんが描くアイヌのウエペケレ(昔話)とカムイユカラ(神謡)の世界をご紹介します。
流れるようなアイヌ刺繍のリズムにのせて力強く表現された作品群を通して、自然を崇め、争いを好まなかったアイヌの人々の世界観に触れることは、現在の私たちに生きていくための大きなヒントをもたらしてくれることでしょう。縄文文化にもつながるアイヌの素晴らしい文化に触れる機会となるよう願います。

【関 連 イ ベ ン ト】

■アイヌ刺繍のワークショップ
11月23日(土)13:00〜
アイヌの伝統的な刺繍には、様々な祈りや意味が込められています。アイヌ刺繍の形と意味を教えていただきながら、実際にアイヌ刺繍をしてみましょう。大きめのコースター1枚を制作し、お持ち帰りいただけます。
講師:宇梶良子さん
材料費:1,000円(入館料が別途必要です)

■アイヌの歌と踊りのワークショップ
11月30日(土)14:00〜
「ウポポ」と呼ばれるアイヌ伝統の歌は、アイヌの祭りに欠かせないものです。歌と踊りを通して、アイヌの世界観や祈りについて教えていただきます。アイヌ文化を体感してみましょう。
講師:島田あけみさん、宇佐照代さん、石川恵美さん
参加費:無料(入館料が別途必要です)

参加お申込み・お問い合わせ
八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

※本ワークショップは公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の「アイヌ文化活動アドバイザー派遣事業」活用事業です

詳しくはこちら
http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/plan/index.html#ukaji
| 八ヶ岳美術館 | 15:32 | - | trackbacks(0) | - |
トラックバック機能は終了しました。
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS