PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
八ケ岳の冬芽観察会
第十七回 八ヶ岳講座「八ヶ岳の冬芽観察会」

3月9日(日)集合 9:00 八ケ岳自然文化園 定員20名
講師 広沢 毅 氏(冬芽ハンドブック著者)

八ケ岳自然文化園周辺を歩き、冬芽を観察します。冬芽は厳しい冬を乗り切るため、樹種ごとに独自の「工夫」を凝らし進化をしてきました。冬の寒さや乾燥に耐えられるよう、ふかふかの毛皮をまとったコブシ、十二単のような重ね着をしたコナラやクヌギ、不凍液を溜め込んだアジサイなど、実にユニークな「工夫」があります。こうした「個性」を観察すれば、冬芽から樹木の種類を見分けることができます。みな同じように見えた冬芽、何も手がかりがないように思えた冬芽が、じつは豊かな個性を持っている
ことに気づいたときは、「目からうろこ」のような感動があります。
「冬芽ハンドブック」(文一総合出版)の著者と歩きながら冬芽を手がかりにいろいろな樹木を観察します。昼食を挟んで13:00から研修室にて「八ケ岳の冬芽」の講義を行います。
希望者の方には、当日「冬芽ハンドブック(サイン入り)の販売も致します。ご予約時にお申し込みください。
冬芽観察会
| 八ヶ岳自然文化園 | 10:23 | - | trackbacks(0) | - |
トラックバック機能は終了しました。
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS